大人の子連れ旅STYLE

ちょっとだけ、暮らすように過ごす大人の子連れ旅へ・・・

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子育てスタイルのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2021年の日本

2021年。

都市部の各家には電気自動車と連動させた太陽光発電が完備され、
基本的に自分のうちの電気は自家発電そして自己消費する。
あまった電力はご近所でたりない電力に充当される。
原子力発電は2011年の震災を期にすべて廃止された。
日照率の低い地方のみが水力や風力などで発電されているのみだ。

セブンイレブンは7時開店、23時閉店。
電器屋のテレビは消えていることがあたりまえに。
ネオンも9時ですべて消灯される。
電車のダイアは見直され、多少不便だけど、会社は基本フレックスでサマータイム制が導入される。

東北地方はいまや世界のモデル地区となり、かつて災害がおそった地域は緑に覆われ、そこでは風力発電の羽音と海から吹きぬける風の音だけが聞こえる。
大きなみかげ石の震災慰霊塔には花がたえない。
かつてそこで生活した人々は、完全に津波フリーの高台だけに住む。

放射能や地震でくるった海洋生態系を完全にもどすために、人間は環境に対して最大限の努力と敬意をはらうため、研究施設が国の予算でつくられ日本各地にある。
震災当時こどもだった多くの若者がそこで新しい地球再生のために研究を行っている。
それらの研究により、日本は再生した環境大国となり、世界中のモデルとなる。

・・・そういう国に日本はなりたい。
スポンサーサイト
子育てスタイルのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

| ●はじめまして | 18:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄旅2010~五日日

無人島シーカヤック&シュノーケリングツアー

その模様はこちらに・・・
昨日は大雨・雷警報がでていたので中止になったこのツアー。窓の外を見ると、海側には厚くて暗い雲が・・・今日もだめかなぁ・・・と思いきや、「今日はやります!8:30にきてください!」と連絡が。一応ヨット乗りの我が家は「まさかねぇ、こどもがいるから無理はしないよねぇ?」「プロだから、リスクはおかさないだろうし、その場所の気候を読みきっているんでしょ・・」と不安ながらもとりあえず車内用のサンドイッチをつくって出発。途中マクドナルドでコーヒーなどを買いつつ、指示通りに最後と思われる恩納村のコンビニでトイレを済ます。
指示では「フルーツスタンドKen」の前で電話・・・とあるが、ナビが古いのか「なんとか蘭園」と表示される。親の代では蘭園、こどもの代でフルーツスタンドになったのか・・・。
無事にほぼ時間通りに到着して、電話をし、わき道にはいり車を止める。昨年は更衣室やシャワー、そして休憩所もあるアルガイドさんだったので、なにもない空き地からのエントリーにちょっとびびる。でも空き地の横に外人さんの素敵なアメリカンハウスがあった。聞くと、退役軍人でそのまま沖縄にすみつき、日本人の奥さんをもらった方だとか。自分で材料を輸入してこつこつDIYで建てた家らしい。ワンコもいて、日本じゃないみたいなフラットなお家。素敵~。

まずはカヤックの説明をきいて、1kmくらい沖にあるナップ島という無人島にむかいます。行きは追い風なのですいすい。でもうしろから「ペースが速い!」「リズムが変」とうるさくて、きもちよくカヤックがこげません。うるさいな~もう。好きに漕がせてくれないかなぁ~。後ろがあわせてよ!と夫婦喧嘩しているうちに、ガイドさんとちーのカヤックにずいぶん水をあけられる。
o0614046110718394525_convert_20100922141852.jpg

ナップ島

大きな地図で見る
ナップ島は半月型の無人島。ムーンビーチホテルが半分、村が半分所有している島で、上陸っていっても猫のひたいほどのビーチなんだけど(満潮なんで)ものすごく綺麗!ここは島の陸側のビーチで、反対の外洋側のビーチはムーンビーチの無人島ツアー用にパラソルが立っていたりする意外と俗っぽいビーチになっているそう。全然みえないので想像がつきません。
20年くらい前にムーンビーチにとまったときは、沖のシュノーケリングツァーにいっちゃったからなぁ・・・。そうこうするうちにムーンビーチのツアーのカヤックが前を通ったり、私たちのいるビーチに座礁したり・・・(笑)「いきますよ~!」と沖にむけて押し出してあげたり。カヤックといってもno感だとなかなか厳しいですね。

お魚いっぱい・・・そしてこの透明度。
IMG_3593_convert_20100922141718.jpg

そして、3-40分シュノーケリングの時間。島と陸の間にあるブイのあたりにさんご礁があり、そこはお魚がたくさんいるシュノーケリングポイントになっている。ライジャケ着用なので安心なのだけど、島と陸の間の水路らしく意外と流れが速い。ぼーーっとしていると10mくらい平気でながされているので、ブイのロープにつかまって水中観察。
自分だけだったら余裕だけど、子どもがいると妙に神経質になってしまう・・・何かあってからでは海は遅いから。今回のシュノーケルはフィンをつけていないので泳ぐ力が半減。息子をひっぱってブイにもどろうにも全然進んでないことに気がつき、あせる・・・。
フィンなしシュノーケルこわいです~。でも曇りの天候のわりにはとても綺麗でたくさん魚がみえました。

ほどなくして、もうもどる時間。今度は向かい風なので真剣にカヤックをこぎます。やっぱりシーカヤックはいいなぁ。あっという間に到着して、水のタンクシャワーでざっと流して終了。私たちは近所の公営ビーチにシャワーを浴び着替えにいくことに。(それが少々面倒ですね)
IMG_3627_convert_20100922141951.jpg
Wave Marine Clubの人に教えてもらった公営ビーチ恩納漁港海浜公園は地元の人がたくさんBBQをしに集まっているローカルビーチだった。マリンアクティビティなどもあって、こんな場所もあるんだぁ~と。シャワーは水だけどまぁまぁきれいだし、石作りのカバナの下で、ぼ~っと海を眺めるのもよい。

さて、お昼はどうしよう・・・といっていると漁協直営の食堂がある。魚料理好きのパパ。なんていってもかっこいいカフェとか嫌いだから困る。どちらかというとローカルとかちょっと古め店好きなの、どうにかなりませんかね。
早起きして、海でほどよく疲れて移動も面倒なので、その食堂に。
私はうに海ぶどう丼、ちーはまぐろ丼、パパは魚定食。

沖縄にはもう何回もきているけど、海ぶどう丼、実ははじめて食べました。これが美味い!!!東京に買ってかえったことはいうまでもありません。ぷちぷち、ちいさなとび子のような食感に、濃い海水の味。なぜだかはまる味でした。

今日は夕方からBBQの日。

早めに帰って準備をします。とはいえ、たいしたことはないので、またまたお昼寝タイム?
子連れだからなのか、年には勝てないアラフォーのせいなのか、ちょっと休みの多い旅。

夕方からはうちなんちゅの友人Mと大学時代の友人TがBBQよりちょっと早めにやってくる。明日、Mの所属するフラのホイケがあるのでレイをつくらなければならないのだが、まだできてないのでそっちでつくってもいい?と(笑)私、はまってしまいそ・・・。
やっぱり案の定、ハマリマシタ。そして、無事素敵な蘭のレイが・・・・。明日のホイケでリラックスして踊れるよう念じながら、作りましたよ。
IMG_3637_convert_20100922142050.jpg

夕方から振り出した雨は、なかなかやまず、焼くのは外で食べるのはうちの中で急遽変更され、INNのオーナー宮平夫妻もやってきます。さしいれていただいたビーフもポテトそしてご主人特製の絶品パエリアも美味しくて、おなかいっぱい食べてしまいました。急遽参加のMのフラ友達二人もたくさん食べていってくれて、それでもあまる食材・・・。結局1時すぎまでゆんたくしていたうちなんちゅの友人Mにみなもって帰ってもらいました。
Mは来年、再び東京に嫁にくるらしいので、ここのINNでいっしょにBBQをするのは最後かも・・・。毎年、いろんなうちなんちゅのお友達をつれてきてくれて、楽しい出会いをたくさん作ってくれました。来年からは、東京でね(笑)
IMG_3640_convert_20100922142114.jpg
それにしてもパエリア絶品デシタ。
子育てスタイルのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

| ●沖縄に行こう!旅行記&okinawan情報! | 14:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄旅2010~四日目

アクティビティの中止

朝起きるとあやしい雲行き・・・天気予報では大雨・雷警報が出ていた。朝7:30には出発する予定なので、6時半頃からおきだして連絡を待つ。7時ごろアクティビティの会社WaveMarineClubから連絡。今日は中止だそう・・・明日、午前中に同じプログラムの予約をして、二度寝・・・さぁ今日はどうしよう。

琉球ガラス村でガラス作り

ゆっくり朝食をとり、ガラス工芸がしてみたいというパパのリクエストで、南部にある琉球ガラス村へいってみる。
ガラス村では体験もできるのですが、
型にいれて息を吹く(吸うと肺がやけどします!)
IMG_3517_convert_20100906193744.jpg
工房の中で口の部分をひろげる
IMG_3522_convert_20100906193827.jpg
・・・の二工程のみの体験で、私の創作意欲は完全にそがれ・・・・だって簡単すぎ。パパと息子の二組に変更して、私はカメラ係りに。
昔二十年くらい前に琉球ガラスつくりの体験をやったときは、もっと難しくて自分でもって膨らませて・・・みたいな感じだったような記憶があるのですが、危険度が高くて、観光客向けにこうなったのでしょうね。
作業のあと600度の釜にいれてじょじょに温度をさげて、完成だそう・
つくったグラスは1週間後くらいで家に宅急便で届くそうです。(送料1000円)
送料1000円をはらうと同梱のお土産などもおくれる上に10%オフというので、ご近所や学校、先生系のお土産をまとめて購入し、いっしょにおくる。おかげで今回はスーツケースががらがらです(笑)

やぎやの沖縄そば

昼をすぎて、お腹がすいてきた。ここまできたら去年、平和祈念公園の帰りにいった「やぎや」にいきたいとおぼろげな記憶で道を進む。
「こんな道だったっけ~~?」「たぶん、もうちょっと先!」
あった!ちいさな、ちいさな道路の看板。
IMG_3537_convert_20100906193923.jpg
意外とみつかるもんですね。ありました、やぎや。
IMG_3530_convert_20100906193950.jpg
昨年うかがったときは、お店になっている古民家を「登録有形文化財」として申請中とおっしゃっていましたが、今年は見事入り口に文化財のプレートが。
IMG_3536_convert_20100906194129.jpg
ここのおそばは懲りすぎていなくて、シンプルでかつおだしが効いておいしい!じゅーしーやじーまみー豆腐も美味しいです。
IMG_3534_convert_20100906194110.jpg

開け放されたお店の中を吹き抜ける風は、昔の沖縄の風を想像させてくれます。
IMG_3532_convert_20100906194010.jpg
そば・茶所 家庭料理 やぎや
098-998-2774
沖縄県島尻郡八重瀬町大頓1172
営業時間 11:30-16:00 ランチ営業、日曜営業
定休日 火曜日(祝祭日は営業)

お値打ち品を発見!宮里クッションハウス
南部からの帰り・・・ナビをみながらそういえば高速が無料かされて、しかも南部に乗り口があることに気がついた我が家。高速の案内に添ってのってみたら、あら早い!下道をいくよりはるかに早いではないですか!しかしETCカードを自宅の車においてきてしまったので、non ETCカーの渋滞に出口で巻き込まれます。沖縄ではETCの導入率がわるいらしい。だって、いまのところ高速無料化社会実験中で、ただですもんね。
IMG_3538_convert_20100906194200.jpg
ナビを見ながら、出口付近を検索していると、Base Side Innのかわいいクッションやカーテンをつくっている「宮里クッションハウス」が出口から近いことを発見。今回の滞在中に絶対いきたいとおもっていたので、ナビを住所にセット。
みかけはふつうのカーテン業者さんの様子。おそるおそるはいり、「Base Side Innに泊まっているんですが、見せてください~」と中をみせてもらう。
カット済の布のところでかわいいヨット系柄を発見。
「それはラルフローレンですよ~」え!!???これラルフ?しかも2mで5000円って安すぎませんか?
IMG_3541_convert_20100906194311.jpg
「他にもありますよ~、もうあるだけだから安くなってます」といわれ、ラルフのサンプルのところに釘ずけ。白いヨット系柄で小さな四角のクッションを二つ、それにコーディネートして大好きな青白ストライプベースにお花のはいった柄で通称「ほたて」とよばれている丸いクッションを一つオーダー。どれも3500円。やすい!!!
時間があったら、2~3時間は布を見ながらすごせるかも。カルトナージュにも使えそうな生地が東京よりはるかにやすくて、今回の沖縄旅、二度目の興奮度マックス。
「カーテンも寸法いってくれれば、東京までおくりますよ~」ほんとうですか!?
興奮した様子ででてきた私に、車でまってたパパが一言。「車の中みた?」
そう、クッションハウスの業務用車の中は、ハイエースなのにもかかわらず、ヨーロピアンな生地でしっかりカスタムメードのカバーがかかっていました。倒したところの物置の部分も丁寧にくりぬかれていて、びっくり。うちの車のドッグシートつくってもらいたい・・・(犬が乗るとき用のシートカバーです)
お土産にバナナケーキまで頂いて、早速宿にかえり、お茶といっしょにいただきます。
おいしい~~。
IMG_3540_convert_20100906194242.jpg
宮里クッションハウス
沖縄市余儀423
TEL098-933-1386
平日:9:00-6:30 日曜:10:00-5:00
・アメリカ・ヨーロッパの輸入生地を低価格販売。ものによっては1/3以下のものも!
・インテリア全般のオーダーメード注文可。
・オリジナルソファーの製作や張替えもしてもらえます。
・籐椅子用のクッションや、オーダーメードクッションも注文可。
・アメリカのシーツ(Martex社)やタオル類も豊富にあります。

サンセットビーチのスライダーと夕日
IMG_3553_convert_20100906194404.jpg
一休みしたあと、夕方一泳ぎしたいという息子をつれて、今度は北谷のサンセットビーチへ。
透明度や雰囲気はトロピカルビーチのほうがいいみたい。でも、にぎやかで江ノ島のような雰囲気で、なんと巨大スライダーがある。5時からは500円乗り放題になったので、息子は巨大スライダーにすっかりとりこまれ・・・最終の日没6:30までのりっぱなし。なんど滑ったことか・・・・でも親は楽ちんでたすかる~。
IMG_3555_convert_20100906194424.jpg
サンセットビーチの看板犬、一期(いちご)ちゃん、かわいいです~。寝姿に萌え~~。
サンセットビーチという名前のとおり、夕焼けをみにあちらこちらから人があつまってくる。
一番海側に岸壁で海にとろんと太陽がおちるのを見届ける。
IMG_3563_convert_20100906194503.jpg
帰りは駐車場そばにあるスパ「ちゅら~ゆ」の足湯でちょっと一息。
IMG_3570_convert_20100906194527.jpg

おすしの食べたいという息子のリクエストでおいしいところをうちなんちゅMに聞くが、「沖縄においしいすしやはない!」とのこと。外食が続いたので、今日は内飯しようとジャスコでにぎりや巻物を購入。けっこう美味しいネタでびっくりしました。あなどれず。漁場の近い沖縄、きっとおいしい魚の刺身がどこかにあるはず!次回の課題です。

子育てスタイルのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

| ●沖縄に行こう!旅行記&okinawan情報! | 15:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄旅2010~三日日

朝の満月
IMG_3464_convert_20100902121152.jpg
 昨日は一日でかけてちょっとつかれたので、午前中は近所のビーチにいってみようとゆっくり起床・・・のはずが、朝はやーく目がさめて外にでてみると、まだ朝のひんやりした空気の中で、海の上に朝の満月が浮かんでいた。朝焼けと満月とてもキレイだったので、カメラをとりにいき、パチリ。
その後、ベッドにもどって二度寝したことはいうまでもない。

トロピカルビーチ
 市内の海ってどうなのよ~と半信半疑でいったBase Side innから一番ちかいビーチの「トロピカルビーチ」。車で5分ほど。
IMG_3471_convert_20100902121312.jpg
普段マリーナとか、となりの磯とかばっかりで実はこういうビーチにはあまり縁のない我が家。おそるおそるはいってみてびっくり。へ~~パブリックビーチって、ちゃんとシャワーがあったり、ロッカーがあったり、トイレや売店、浮き輪の空気入れポンプまで完備している。ローカルの人たちはテントスペースを借りてビーチBBQ。こんなに整備されているところなんだと感動。ビーチも狭いながらも、くらげネットでしっかり囲われているので、ちーのようにプールと区別のついてない子ども連れファミリーにはぴったり。沖までいってもせいぜい2m弱の水深なので遊泳区域の一番はずれにいっても、目が届いて安心。そのせいか、観光客のファミリーはもちろん、外人の家族もとても多かった。水も意外ときれい。
IMG_3476_convert_20100902121403.jpg
今週はどうやら演習ウイークのようで、去年は見られなかった戦闘機が嘉手納で離発着訓練をしているらしく、トロピカルビーチからよくその訓練飛行が見られたので、航空機おたくのパパはその爆音のたびに目が釘付け・・・(笑)爆音がするたびに「あ!あれはF16だ!」とか解説をちーは聞かされたにちがいない。

Cactus Eatripの絶品ベーグル
2010082612330000_convert_20100902121834.jpg
 午前中一杯ゆっくり泳いで、お腹もすいてきたので何か買って家でたべようと、宿の傍にあるうちなんちゅの友人Mのおススメ「カクタスイートリップ」でテイクアウトしようと立ち寄る。
2010082612340001_convert_20100902121920.jpg
つくってもらっている間しばらく店内でまっていると、美味しそうな匂いがぷんぷん。焼きたてのベーグルで好きな具をはさんでもらえる。
普天間の傍とあって外人さんとうちなんちゅの人がお茶していたり、なんだかここはどこの国なのか、沖縄なのか渋谷あたりのカフェなのかわからない雰囲気。手作りの店内にはかわいい雑貨もたくさんあっておしゃれ。
今回は、Mおすすめの「モッツァレラオムレツ」そしてはずせない「サーモンクリームチーズ」「ドライトマト&ガーリックハーブ」をおまかせのベーグルでお願いしました。
2010082612560000_convert_20100902121950.jpg
具もさることながら、ベーグルのもちもちとして軽すぎず重すぎずのバランスにやられた~!絶品です。自由が丘のベーグル屋とかおいしいといわれるところのベーグルはけっこう食べている私ですが、ここはぴか一!私はぺろっと2個いきましたが、一個でも十分のボリュームです。美味しいからたくさん食べられて危険!また絶対リピートしたいベーグル屋さんです。

カクタスイートリップ
Open-Close AM11:00-PM9:00 定休日水曜日
Address 沖縄県宜野湾市大山3-3-7
Tel/Fax 098-890-6601
http://www.cactus-eatrip.jp/
<那覇方面から>
国道58号線を北谷向け、宜野湾市の大山小学校を過ぎ、しばらく行くと大きなパチンコ店がみえてきます。過ぎるとすぐの信号から2軒目です。(沖縄電子隣)「豆乳」の大きな文字のところにはいると3台分くらいの駐車スペースがあります。

午後はスコール 
 お腹一杯ベーグルを食べて、まったりしていると睡魔が・・・。
が、オーナー宮平さんにお土産をわたしたいので、innにきてもらうように約束してある。
無事、お土産もわたし、逆にいろいろ頂いたりしてちょっとだけおしゃべり。お忙しいのか、気をつかわれてか、さっくりお帰りになってしまい、またまったり・・・そのうち、どこからか雷鳴が・・・。そうこうするうちにすごいスコールが降ってきました。
IMG_3488_convert_20100902123844.jpg
これは、頂いた沖縄の薬草茶にもなる植物だとか・・・せっかくなのでキッチンに飾ります。
お庭のプルメリアが雨で落ちてしまっていたので、水に浮かべて枯れていくのも楽しみます。
キッチンの外の植物が、雨にぬれてきれいです。

これ幸いとBase Side innでしばしお昼寝。晴れているとね、どこか出かけたくなっちゃうのですが、ここまでどしゃぶりだと出かける気にもならず、せっかくのinnの静かな雰囲気を楽しめるというものです。昼間に雨の午後、お昼寝しているなんて、本当はこれが一番の贅沢なのかも・・・。
スコールとはいえ、南から近づいている熱帯低気圧から吹き込んでいる雨雲だったので、午後2~3時間は降り続いた雨でした。今年の沖縄はスコールが多い。午前中に遊びにいっておいてよかった~。

ここはハワイイか西海岸?Seaside Restaurant
IMG_3457_convert_20100902123746.jpg
 さて、夕飯は・・・。昨日読谷村からの帰りに国道58号線ぞいでみかけた嘉手納基地ちかくの「Seaside Restaurant」が気になる我が家。Innのオーナー宮平さんがブログで書いていた場所では?ご本人に確認すると、日本人もOKとのこと。さっそくいってみる。IMG_3491_convert_20100902121449.jpg
宮平さんはよくお客様をつれていっているのでエリーさんというホールの女性に言っておくから!とそういえばいっていらしたけど、なにも言わずにはいると、しばらくして「宮平さんからきいてます!入り口でエリーといってくださいよ!お席とっておいたのに!」とエリーさん。
ごめんなさ~い・・・。でもちょうど窓際のテラスの席があいたので、一番マリーナ側の席につくことができた。室内は冷凍庫のように寒いから、ちょっと蒸し暑いけど外でちょうどいい。こんなところまでほんとにハワイイか西海岸によくあるレストランみたい。
IMG_3498_convert_20100902121539.jpg
ちょうどテラスから夕日がしずむ瞬間もみられて、しかもまたパパにものすごいBINGOなことに、このレストランのある嘉手納マリーナは、嘉手納基地へはいる航空機の進入路の真横。どんどん戦闘機がかえってくるところがまん前で見える。エリーさんによると今週は訓練ウイークらしい。パパ、しずかに興奮気味。
メニューはアメリカンなディナー。パパはアメリカのステーキが大好きなので、せっかくなのでがっつりお肉を頂くことに。
オーダーをとっていたエリーさん、いつもは日本人のお客さんにメニューの説明や頼み方を説明するのが大変らしく「あれ?なんか今日はスムース・・・全然心配いらないみたいですね。アメリカに海外赴任とかされていたのですか?」と。(爆)いえいえ、全然。私は大学時代一ヶ月くらいアメリカにいっていたことはあったけど。アメリカのレストラン、日本と同じ感覚で頼むと、えらいことになりますもんね。わかります、そのご苦労。
結局我が家は、前菜はえびのタイ風ココナッツフライ。そしてメイン、パパはリブステーキ、私はフィレステーキを頂く。付け合せにグリル野菜やフランスパン、サラダ、お決まりのマッシュポテトなどがつくので、もうこれでお腹一杯。キッズプレートはハンバーガーをたのむが、キッズはソフトドリンクおかわりし放題(どでかいピッチャーがどかんとくる)で、アイスのデザートもついていてお得。
チェックはテーブルで。我が家はカードで払いましたが、ドル決済でした。円高なのでとても割安~。ますますどこにいるのかわからなくなってきました。この不思議なアメリカ感のある空間とメニュー、パパはとてもとても気に入って明日の昼もここでもいいくらい!といっていた。でも次回、アメリカンランチビュッフェはぜひいってみたい!

Seaside Restaurant
Kadena Marina Kadena AB
959-6090
嘉手納マリーナ内。予約は基本的には不可。
Pay:日本円でも支払えるが、おつりはドル。カードの場合はドル決済となる。
How to GO:国道58号線を嘉手納基地方面へ。兼久海浜公園の手前、海側に入り口の看板があります。
・基本的に嘉手納基地の軍関係者用のレストランだが、テロや有事の際以外は一般の日本人でもOKだそう。一般人OKのときはマリーナ入り口のゲートはオープンになっていて人もいない。有事の際は人がいてクローズしているようです。
・Menuは全て英語ですが、ホールの人はうちなんちゅの人なので日本語OKです。
・アメリカンプレート式なので、基本的に1メインディッシュにサラダ、パン、付け合せ野菜などがついているので頼みすぎに注意。でも、アメリカ式に食べ切れなかったらDoggy bagをくれるのでもってかえることもできます。
・レストランの向かいにはビーチもあり、一般の人も利用可だそうです。すぐ沖には泳いでいける無人島もあって楽しそう。海もとってもきれい。
・うちなんちゅの友人(30代半ば)は子どものころ親に何度かつれていってもらったことがある・・・といっていたので、昔からあるレストラン。数年前までは「Seaside Inn Restaurant」という名前だったらしいが、現在はInnがとれている。なんでだろう?

おまけ:IMG_3512_convert_20100902121613.jpg
シーサイドレストランのアイドル、くまのみちゃん。いそぎんちゃくのクッションからぴょこんと顔だす愛嬌もの。


・・・そして帰りは、北谷の観覧車に乗らされました。遠くに稲妻、そして時々戦闘機・・・とある意味、沖縄らしい?
子育てスタイルのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

| ●沖縄に行こう!旅行記&okinawan情報! | 12:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄旅2010~二日日

むら咲むらで手つくり体験
IMG_3428_convert_20100901150615.jpg
子どもも9歳にもなるとやはり親に引きずられるだけでなく、自分もなんかしたい!欲求がふえてくる。そこで、我が家としてはとてもめずらしく観光の名所でもある体験型琉球村である「むら咲むら」へいってみることに。
みんなで漆喰シーサーつくりにトライ!陶芸をやっていた私は、予想通りはまる・・・。
IMG_3431_convert_20100901150712.jpg
途中、エイサーの太鼓がなると熱帯特有のシャワーが・・・太鼓がひっこむと雨が止む・・・太鼓がはじめるとシャワーと不思議な現象が。

沖縄の瓦屋根の接着にも使用されているこの漆喰は、石灰石とわらと水を発酵させてつくるもの。
雨風のかかる屋外でも5~60年はもつ強い素材だそうだ。パーツ、パーツの接着はなんとセメントボンドを使用していた。
IMG_3433_convert_20100901150738.jpg
これを30分~1時間乾燥させて、アクリル絵の具で色付けして完成!

それだけでは飽き足らぬ息子は、オリジナルシルクプリントTシャツを作りに・・・。
IMG_3441_convert_20100901150846.jpg
ここは他にも陶芸で土台からつくるシーサーや、ビーチグラスやサンゴをつかった風鈴、ビーチジェルキャンドル、黒糖つくり、サーターアンダギーやぽーぽーつくりなど琉球のいろんなものをつくる体験ができる。
IMG_3429_convert_20100901150632.jpg
しかも、昔の琉球の村をNHKが大河テレビ用(少年隊のひがしが主演の「琉球の風」らしい)につくったものなので、とてもよくできている。意外とおススメです。

やちむんの里へ・・・

陶芸魂に火がついた私。帰りはすぐそばにあるやちむんの里に行きたくなってきた。が、ナビには施設としてのってない。しょうがないので、見当をつけて地図上をみていると、なんだ地名なんだ・・・とあっさり発見。途中、エイサー祭りなどをやっていて道路が封鎖されていたけど、沖縄の若い人たちがエイサーの格好をしてたくさん街を歩いていた。
IMG_3456_convert_20100901151235.jpg
なぜだか原宿の今はなき歩行者天国を思い出してしまった。エイサーの格好にも、まじめなエイサーとつっぱり系エイサーといろいろいて笑える。

目指すは沖縄にくるたびにいきたくて、でも息子があきること必須でなかなか足がむかなかったやちむんの里。
IMG_3447_convert_20100901150909.jpg

登り窯、はじめて本物をみましたが、すごい迫力。なんだかものつくりのオーラがあふれる森の中の一角。しずかな時間のとまったような空間。ろくろを回す静かな創作の気配だけがしてくるような里。

「大嶺實清」さんの「大嶺工房」のギャラリー陶へ。
20091003s038.jpg

やちむんの工房道をてくてくと歩いていくと、森の一番奥に大嶺工房がある。
いろんなお店に取材するものの感として、「いいものに出会えるかも」という予感がする。すでに六時近くなので人のいなくなった外の水場や工房に、とてもいい気が漂っている。
有名なブルーの荒々しいタッチのシーサーの奥にいくと、無造作なように見えて、きちんと計画されたレイアウトでおかれている無数の陶器。そしてその視線の先にはわっとひらける読谷の森の景色。
中にはいって作品を見せてもらっていると、黒糖と熱いお茶を漆の平盆にのせて「どうぞ~」と奥様がだしてくれた。「こんなに暑いときになんだけど、こういうときはかえって熱いものがいいですからね~」
IMG_3449_convert_20100901150930.jpg
大嶺さんらしきダンディなおじさまが「奥のテラスがいいよ~風が通って涼しくて」といってくださったので、みんなでテラスで頂く。お茶と空間を楽しむ間ももどかしく、私は中のギャラリーで作品を見せていただく。
IMG_3450_convert_20100901150953.jpg
この沖縄旅行でいきなり興奮度マックスの私は、三男の音也さんの作品であろうペルシャブルーの水盆(8000円)にくぎづけ・・・。これならどんなお料理を盛っても、フルーツやお花を飾っても映える。
でも本当は一番奥の棚の上部にある多分大嶺さんの作品に吸い寄せられる・・・・が、あまりに高額につき、購入は断念。絶対いいものオーラが漂っている・・・。欲しい・・・。
外でアイコンになっていたペルシャブルーのシーサーはあまり数もなく売り切れ・・・?今回は水盆のみを購入し、次回はぜひブルーシーサーにうちの玄関を守ってもらいたい・・・とひそかにたくらんだ。

大嶺さんの作品はとてもグラフィカル。
焼き物の作り出す釉薬の偶然までもがデザインされているようにも感じさせる。
また、造形技術が本当に高い。ちょっとした器のディティール、器全体と座のバランスなどが本当に繊細で、ある意味都会的な作品。どれも本当に素敵で、いい物を見るとぞわっとくるスタイリスト魂にも、ひさしぶりに火がついた(笑)

ここではほとんどどの工房にも犬が飼われていて、ほとんどノーリード。さすがに柴犬には口輪が・・・(笑)
途中、沖縄の焼き物の典型とも思われる魚紋の女性陶工の工房に、黒ラブミックスらしきワンコを発見。
まだ二日もたってないのに、黒ラブ切れを起こしていた私とちーは遊びに近寄ると・・・
IMG_3455_convert_20100901151019.jpg
息子は「あそぼ~あそぼ~」とおしたおされ、帰ろうとするととうせんぼ・・・。相当遊んでくれる人オーラをだしていたらしい息子はしばらくいっしょに遊んでいた。

やちむんの里
米軍の不発弾処理場であった当地は、1980年(昭和55)、沖縄のやきもの文化を担うにふさわしい九連坊の登り窯をもつ読谷山焼が開窯し生まれ変わったそうだ。やちむんの里では観光化された大きな建物があるわけではなく、個々に独立した工房が販売もするギャラリーを併設している。ちょっとはいりにくい感じもあるが、基本的に心よく見せてくれる。
<問い合わせ先>
 読谷山焼共同売店 住所:読谷村座喜味2653-1 TEL:098-958-4468
<見学時間の目安>  1時間
<営業時間> 11月~4月 9:30~17:30  5月~10月 9:30~18:00
<定休日>  火曜日
<駐車場> 無料駐車場有り(10台) 大嶺工房は一番奥なので、最初の駐車場からもっと奥にはいったところにある第二駐車場か、工房前の駐車場にとめたほうが便利です。

あしびjimaで本格的沖縄料理

つくりもの魂に火がついた感のある今回の旅。まずは沖縄料理が食べたい。
宿につくと、どうしても一度いってみたかったBase Side-innのすぐ下にあるあしびjimaという沖縄料理のお店に向かう。
窓からはキレイな夕日がみえ、開店後、一番のりだった私たちはまだ閑散とした店内で涼む。なんとなく実直な料理を連想させる店がまえといい、女将さんの雰囲気といい、料理に期待が。今回はコースではなく、アラカルトでいろいろ頼んでみる。
・げそのからあげ・グルクンのから揚げ・ミミガー・豆腐ちゃんぷるー・島らっきょうの天ぷら・ジーマミー豆腐・じゅーしーのおにぎりなどなどをオリオンビールとシークワーサーハイで(私だけだけど)、お腹一杯頂く。すごく満足。とくにグルクンのから揚げは絶品。骨まで骨せんべいで食べられるほど。お値段もとてもお手ごろ。
店をでるころにはほぼ満席になっていたので、予約がおススメです。
IMG_3462_convert_20100901151253.jpg
琉球料理・沖縄家庭料理 あしびJima
〒901-2223 沖縄県宜野湾市大山2-2-2
TEL.098-899-2978 FAX.098-897-3748
営業時間:午後5:00~深夜1:00
定休日:年中無休(盆、正月除く)
http://www.ashibi-jima.com/
子育てスタイルのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

| ●沖縄に行こう!旅行記&okinawan情報! | 15:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄旅2010~初日

今年は息子9歳の塾の都合で、夕方便で出発。
あまりに間際(一ヶ月ちょっと前、早割りぎりぎり)の予約だったために、行きはJAL、帰りはANAとなってしまった。しかも、空港駐車場の予約(一ヶ月前)をうっかり忘れ、時すでに遅し・・・満車(泣)なので今年も電車とモノレールを乗り継いで羽田にやってきた。はっきりいって汗だく・・・・しかも出発して100mのところで携帯電話の充電器のいれわすれに気がついた私。一人で歩いてもどり・・・だって携帯は生命線なんだもの。我が家駅まで徒歩10数分。辛い、暑い、倒れそう・・・。

今年は雲の多いフライトだった。
ちー(息子)はJALのコンソメスープが大好きで、もらったハッピーターンと共に飲みまくっていた。いつも中途半端にお腹が空いてしまうので、また空弁を羽田でしこみ、かつサンドなどほおばりつつ、あっという間のフライト。夕方、夕焼けとともに那覇空港に着陸。着陸直前、飛行機の外に虹が・・・ここはハワイイか?
2010082418530000.jpg

那覇空港は予想通り、「興南高校、優勝おめでとう!」の垂れ幕が。
2010082418460000.jpg
私はその横のDFSでデイオールの口紅を購入。やっぱりtaxがないと安い!帰り便を申告して、帰りに受けとるのが国内DFSでもお約束。・・・ここはハワイイか?

市内58号線のブルーシールでうちなんちゅの友人Mをピックアップし、軽く夕飯。今日は沖縄のお盆の最終日で、あちらこちらにエイサーがでているらしい。遠くからエイサーの音が聞こえてくる。「いいタイミングでくるよね~!」とはうちなんちゅの友人M。

はじめて夜チェックインした、我が家の沖縄ステイの定宿となったBase Side-inn。
夜のお部屋も素敵。
IMG_3396_convert_20100901145835.jpg

今年はオーナー宮平ご夫妻のいろいろな工夫で、部屋のあちこちがバージョンアップしていた。
IMG_3408_convert_20100901150042.jpg
ユーティリティールームにリネン棚が・・・
IMG_3489_convert_20100901150407.jpg
なんと陶器タンクのミネラルウオーターバー。いずみやのスプリングウエルのBase Side-inn版(笑)常温タイプ。最近Patagoniaなんかもおいているものらしい。おしゃれでかわいい~~
IMG_3402_convert_20100901145940.jpg
キッチンにもテーブルライトが・・・
IMG_3405_convert_20100901150017.jpg
マスターベッドルームには待望のチェストが!滞在の長い我が家はこのチェストに衣類など全てをいれて、スーツケースはクローゼットに収納し、荷物で雑然としないお部屋で快適に過ごせます。スーツケース置きorチェストだったら、たしかにチェストのほうがエレガントな選択ですね。オーナー夫妻の目指すinnの姿をみるような気がしました。
IMG_3418_convert_20100901150454.jpg
海のみえるお庭にはKABANAが登場!
IMG_3416_convert_20100901150102.jpg
ここにきたらやっぱり泡風呂・・・・と息子・・・
・・・ここはハワイイか?
IMG_3423_convert_20100901150523.jpg
お庭にはハワイイの固有植物である「ハレマウマウ」というシダが・・・やっぱりハワイイ?
子育てスタイルのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

| ●沖縄に行こう!旅行記&okinawan情報! | 14:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日は沖縄の空に・・・

今日の東京地方の予報は、最高気温34度。沖縄地方31度。

どうやら今年は沖縄に避暑にいくようです(笑)

体感温度40度、ここはエジプトかい!?と毎日いっているような気がしますが、ここのところ30度をきると
「今日は涼しいですね~」
と、うそのような会話が繰り広げられている東京です。

去年、けっこうよくばってあちらこちらにいってしまったので、今年は最後の晩、お庭でBBQをする予定以外はノープランの我が家。
ちょうど、大学時代の友人も沖縄にきているので、いっしょにみんなでゆんたくです。

でも、シーカヤックにはのりたいので、どこかのシーカヤックツアーにはいこうかな。

時間があるので、シーサーつくりもしてみたい!

そうそう、今年はとうとうコンデジの水中使用用のカメラケースDicaPacを購入。
水中撮影にトライしてみたい~~。

・・・が、今年はばたばたであれこれ考える暇もなく、頭を真っ白にしてのる沖縄便もたまにはよいかな、と。

明日の午後、沖縄に旅立ちま~す。

まっててね、きれいなビーチさん。
toropi-13.jpg
宿から一番近いトロピカルビーチ。
子育てスタイルのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

| ●沖縄に行こう!旅行記&okinawan情報! | 16:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬のオアフ島~6日目

1/16
ホテルのバンケットルームに、ソニーゲストや選手用にコンプリメントのホスピタリティルームが用意されています。中は最新ソニー製品のオンパレード!もちろん試し放題!話題の3Dテレビもありました。
とっても高価なマイケルジャクソンのお宝本も白い手袋がそえられて展示してありましたよ。
IMG_2482_convert_20100816134001.jpg
中では、毎日の選手のプログラムや、朝食や昼食、そしておやつなどがふんだんに用意されています。
なぜかうちは毎日そこに・・・
IMG_2483_convert_20100816134018.jpg
それはそれはいたれりつくせり・・・
せっかくホテルのほかのレストランで朝食が取りたくても、なぜか行けません・・・
IMG_2481_convert_20100816133939.jpg
なぜかというと、プレイステーション、PSPがソフト満載でつかいたい放題!
小学四年生が離れるわけはありません。
釘づけです・・・・せっかくだからハワイをたのしめよ~と思うのですが・・・親の願いむなしく・・・

チェックアウト前に、カハラのプリメリアビーチカフェの海側のお席で、愛してやまないハワイアンフレンチトーストいただこう!といきごんていたのに・・・あえなくホスピルーム・・・
IMG_2449_convert_20100816133906.jpg
せっかく贅沢なカハラの空と海と空気を楽しもうと思ったのに・・・

今回はホテルを楽しむ旅行というよりはソニーオープンを楽しむ旅行だったんで、しょうがないか。

あらゆるホテル本を研究し、こんなにホテルジャンキーな私が、こんなにホテル嫌いの家族と旅行すること自体、無理があるんだよな~。早く息子もいっしょに旅行してくれなくなって、自分の好きな旅をしたい!とも思うのですが、ここまでくるとそれもなんだかあっという間な気がして・・・ちょっとさみしい気持ちも。もう少し、子連れ旅は続きそうです・・・(あと数年?)

人知れずこっそりはじめたこのブログも、気がつけば、1万viewを突破!
こんなブログをみてくださっている方がこんなにたくさんいることに感謝!!!です。

この夏は、来週からまた沖縄に旅します。
ステイはもちろんBase side inn.
そのご報告はまた、次回・・・。


子育てスタイルのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

| ・真冬のオアフ島~ソニーオープンの旅2010 | 13:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬のオアフ島~5日目

1/15
今日もまた、ホテルのプール&観戦デー。
IMG_2438_convert_20100816133828.jpg
のこり少ないカハラライフを楽しみます。
ほんとにホテルの敷地の続きがゴルフクラブという素晴らしいシチュエーション。
IMG_2440_convert_20100816133713.jpg
エレベーターに乗ってるフラガールがかわいい。
IMG_2451_convert_20100816133741.jpg
リニューアルされたプールサイド。
IMG_2389_convert_20100816132919.jpg
やっぱり飛び込む、9歳男子。
IMG_2467_convert_20100816134102.jpg
イルカたちも健在です。

夕方はゆっくりいまいろんな雑誌にのってる「Petco」を探しにダウンタウンへ。
愛犬パフへのお土産のナチュラルトリーツを買い込みます。犬笛も激安だったので購入。

夕飯はおそくなってしまったので、ホテルのちかくの「DiamondHead Glill」でテイクアウト。
閉店ぎりぎりだったのだけど、美味しい~。

子育てスタイルのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

| ・真冬のオアフ島~ソニーオープンの旅2010 | 13:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬のオアフ島~4日目

1/14
今日の午前中は、ホテルビーチで遊び、午後はソニーオープンを観戦。
いっしょにきている友人もカハラにやってきて、交代で(ベビーちゃん連れなんで)観戦に行きます。
部屋からは11番グリーンが見えるので、結構それだけでも楽しめます。
IMG_2393_convert_20100816132943.jpg
黄色い人は丸ちゃんこと丸山選手。

夜はソニーオープンのパーティに招待されているので、息子は逆に友人家族にシッターをお願いして、
いっしょにお夕飯してお友達の滞在するヒルトンバケーションクラブで待っていてもらいます。
IMG_2399_convert_20100816133054.jpg
パーティはハワイイコンベンションセンターで行われますが、それはそれは華やか。
せっかくなので、数年前につくった溶岩海岸にいるホヌをイメージした、黒檀の蓋ベースにハワイイ島で買ったアイボリーのホヌをのせたナンタケットバスケットのオーバル蓋付きを持って・・・。
IMG_2404_convert_20100816133217.jpg
ひろーい会場中、ソニー一色!
IMG_2401_convert_20100816133309.jpg
テーブルコーディネートも完璧!
今はやりの革素材でハワイの伝統的編み細工ラウハラがモチーフのテーブルクロス。
解釈が深い!!
IMG_2406_convert_20100816133408.jpg
お食事はホノルルで一番話題のChef Mavroが数週間も巨大厨房を借り切ってつくったもの。
しあわせ~。
お皿もやっぱり四角ですね。
ワインは友人の広報部長のお気に入り、ナパバレーのモノでした(笑)
IMG_2411_convert_20100816133506.jpg
しかもライブはチャカカーン!大きくなってしまったチャカです(笑)
ソニーの友人いわく「3倍!」
プライベートパーティなので、みんな動画撮り放題。すごい!
地元の人がライブを見る用に、テーブル席の後ろのほうにビジターシートが用意されてました。有料ですが、たくさんの人が見に来ていました。
3倍チャカとはいえ、超ビッグアーティストですから・・・。
やっぱり世界のソニーだ!!・・・と実感。
お土産はもちろんチャカカーンのCDです。

子育てスタイルのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

| ・真冬のオアフ島~ソニーオープンの旅2010 | 13:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。